第806回 髪結いの亭主とシンボリック相互作用論

お前に怪我でもされてみろ。明日から遊んでブログが書けやしない。こんにちは、スパイラル研究所の大島雅己です。

実際に遊んでブログを書いてゐるわけではありませんしブログは道楽でもないのですが、この『厩火事』には役割分担や責任分掌の問題が付き纏ひます。それは、甲と乙とどつちが大事なのかではなく、それらをどう両立させ最大の効果を出すか、なのです。

実際に身の回りの物事の成否は、役割分担とか責任分掌が半分ぐらいを担つてゐると感じます。最初にここで間違へたり梃子摺つたりすると挽回は容易ではありません。途中で軌道修正したり方針変更することが相当に厄介ですし、やつてみてもうまく行かないケースが多いのです。

チームの立ち上げやうとする際には、「役割」と「人」を分けて整理し、どの役割にどういふ人が必要か、どの人がどの役割にふさはしいか、これを重点的に考へるべきです。

(A面へ)

<今日の本歌>
古典落語『厩火事』

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA