第1705回 三番叟とインピーダンス

忘れける佃煮の味思ひ出し。こんにちは、スパイラル研究所の大島雅生です。

壁があるらしい。骨もあるようだ。色もある。波もある。高さがある。日本は母より子が多い。頭は踊ったり仕切ったり。叉は頼りになる。ずれるとやってくる。大は厳しそうだ。博士がいた。量が多いと迷惑。雑でも迷惑。鳥が忍ぶことも。畳は省略できる。あげれば苦しそう。全部か半分か。促すものは小さい。長いと一直線だ。倍にもなるらしい。足から出る。雨にある。川にある。靴にある。羽にある。葉にある。福はゴスペル。防ぐ部屋がある。本はわからないこともある。効果を持つ。異なると電車が心配。和はだいたい三つ。五十がほぼすべて。その名は音。

(A面へ)

<今日の一唱>
サイモン&ガーファンクル『サウンド・オブ・サイレンス』

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA