第1706回 糸屋の娘とペルガモンの紙

秋の夜肉肉魚また魚。こんにちは、スパイラル研究所の大島雅生です。

歌は取られることがある。勝手に右にある。もともとの願いである。気になれば真剣である。腰が入っても真剣である。四十八組にある。曇ることもある。質は哲学的である。地がないと愚かである。性があらわれるとたいていよくない。心はかくれている。相撲は花でない。草は薬。多ければ劇場。朝は日本。調子はCGC。当たれば嘘ではない。二階は中ではない。音は聞こえないことが多い。能は反射的。場は昼まで。葉は二の次。場所は六つ。番は一つ。降れば激しい。間は京。結べば細かい。命は義理でない。領は得意である。塁はホーム。位、尊、家、営、懐、格、覚、革、正月、筋、店、柘植、通夜、妻、釣鐘、床、縄、人、腹、舞台、帆、星、祭、眉、名、役、割、色、木などがつく。その名は本。

(A面へ)

<今日の一唱>
アドラー、ドーレン『本を読む本』

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA