第1704回 ベンハムの駒と朱雀諸分鑑

目に赤く照る唐辛子赤キャベツ。こんにちは、スパイラル研究所の大島雅生です。

悪い場合がある。遊んだり争ったり合わせたり移ったり落ちたり直したり。繰り返せばたくさんある。男女ともにつく。紙は玩具になったり改まったり。気があれば趣深い。違うということは他が同じである。出ると気づかれる。思案の他になることもある。三つあるとほとんどをカバーする。眼鏡は正確でない。物は様々な芸。驚くとなくす。つけるとサービスがよい。丹の行方は気になる。瓜は五種類持つ。音にもある。声にもある。顔にもある。毛にもある。風にもある。国にもある。心にもある。言わない実がある。勝ち負けがある。暖かかったり寒かったり。雑な場合もある。間にもある。禁じられることもある。曙、小豆、飴、鶯、ウコン、オリーブ、カナリア、栗、国防、小麦、婚姻、錆、生・死、秋、酒、神、雀、雪、草、空、卵、血、乳、土、手、蜥蜴、鴇、鳶、苗、涙、鉛、納戸、嘆き、肉、葉、旗、花、柳、羊羹、駱駝、利休などがある。その名は色。

(A面へ)https://spiraling.co.jp/blog/

<今日の一唱>
竹内まりや『色・ホワイトブレンド』

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA