第912回 外側膝状体とディラック方程式

そらすな、じつと見ろ、夜更けのブログが心を刺す、二進も三進もどうにもブルドッグ。こんにちは、スパイラル研究所の大島雅己です。

何はともあれ、「見る」といふ行為はきはめて重要だと考へます。視線を凝らす意味ばかりに限らず、神経を、注意を、感覚を一点に集中させることです。何かうまくいかないことがある時、それはたいていの場合、「見る」行為がうまく行つてゐない所為です。どこかに注意が逸れてしまつてゐたり、焦点がぼやけてゐたり、感度が麻痺してゐることが支障を来すのです。

同時に、自分自身を世界に向けて「見せる」ことも同じぐらい重要です。もし周囲が自分をうまく見ることができてゐないとしたら、自分の見せ方に問題があるのかもしれません。

「見る」と「見せる」が斉しく充分に機能させることは自分と他者とが有効な共存を果たすために欠かせない要素であります。これは楽器の演奏も芸能の鍛錬も車の運転も日常のコミュニケーションも全てに言へるものです。

IT現場でも何かうまく行つてゐないと思つたら、人もシステムも含めて、それぞれが自らを正しく見せてゐるか、正しく相手を見てゐるか、考へてみるとよいかもしれません。

(A面へ)

<今日の本歌>
フォーリーブス『ブルドッグ』

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA