第797回 セカンド・ラインと動悸動悸

うちのブロガー少年がおたくのブロガー少年に言つた。川べりに腰かけて。お前の尻尾に火をつけてやる。こんにちは、スパイラル研究所の大島雅己です。

80年代終盤の話ですが、アメリカのテレビ番組『ナイト・ミュージック』にドクター・ジョンが出演した時、司会のデヴィッド・サンボーンとの会話の中で、『iko iko』という曲名の意味は「さあ行こう」だと言つてゐました。つまり《I go》の活用形だと。日本語読みでも「行こ行こ」となつて、どちらでも同じ意味、同じ読みになることに感動しました。”kennel”が「犬寝る」とも読めるのと同じやうなものでせうか。

私はかういふのが大好きで、世間にはそんなことどうでもよいとかくだらないといつて受け流す人もゐるでせうが、細かいことや些末なことに拘ることは決してくだらないものではありません。問題なのは、拘り過ぎて他を見なくなることです。すべてのことに真剣に關はらうとすれば拘泥した姿勢になつて当然です。

紙は細部に宿るといふより執着心に宿るのです。

(A面へ)

<今日の本歌>
ドクター・ジョン『アイコ・アイコ』

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA