第824回 オルトリズムと抜苦与楽

ITのブログを書くためには、生きてゐるITたちにあたたかい、いつはりのない感覚をもつてゐなくてはならない。こんにちは、スパイラル研究所の大島雅己です。

社会人になつてITの仕事をすることになつた時、まづどんなスキルを身につけなければならないのだらうか、が心配になりました。これまで勉強してきたことは直接役立たないだらうと思ひました(言ふほどたいしたことは何も勉強してゐなかつたのですが)。

二進数の計算とかコンピュータの仕組みとかアルゴリズムの書き方とかネットワーク技術とか最先端の科学やら何やらに加へて、業界とか経済のこともわかつてゐなくてはいけないと焦り、いろいろと苦心惨憺してきたつもりですが、30年近く経つて思ふことは、何はともあれ愛が大事だといふことです。

どんなスキルがあらうとも、最終的に誰かのために力を尽くさうといふ愛がなければ全く意味がないわけでして、逆に愛さへあれば余計なスキルなどなくたつて誠実な仕事ができると言ひたいです。ITに限らずですね。それが、あたたかい、いつはりのない感覚です。

(A面へ)

<今日の本歌>
コンラート・ローレンツ『ソロモンの指環』

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA