第823回 水雷艦長とコウモリカズラ

何をしても抵抗できない、以前と同じく、すべてがブログにつながつてしまふ。こんにちは、スパイラル研究所の大島雅己です。

どうしやうもない状況、二進も三進もいかぬ事態、のつぴきならない局面に出遭ふことがあります。八方ふさがり。不倶戴天。あちらを立てればこちらが立たぬ。進むも地獄戻るも地獄。前門の虎後門の狼。どうにか手を打たなければならないけれどどこにどう打てばよいかわからず、それを考へてゐる間に事態は益々悪化してゆく。

そんな状況に陥らないためのせめてもの対策は、あらかじめ方向性を決めておくしかありません。もしAかBかを取らねばならない状況になつた場合はAを選ぶ。XYZの三者でぶつかつたらZ>Y>Xの順で優先する。

IT現場のプロジェクトの場合は、たいていQCDの優先を決めておきます。品質を担保するためにはコストが上振れてもよいか。納期を守るために機能を減らしても仕方なしとするか。コストの上限を死守するためにスケジュールを延期できるか。最初に決めておけばいざといふ時に悩む時間と手間が削減できます。

(A面へ)

<今日の本歌>
シルヴィ・バルタン『あなたのとりこ』

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA