第747回 メラビアンの法則とブルペン捕手

誰も見たことナーイナイナーイナイ。誰も読んでナーイナイナーイナイ。こんにちは、スパイラル研究所の大島雅己です。

バンドをやつてゐると時々異常なほどに楽器が上手い人に会うことがあります。超絶テクニックといふやつです。そんな人を見ると口をあんぐり開けてぼーつとするか、がつくりと肩を落として項垂れるしかないのですが、本当はさういふ人に肖つて自分もがんばらうと思ふべきなのでせう。

ところが、どんなに技術に長けてゐても、この人とは一緒にバンドをやりたくないなと思ふケースが意外と多いのです。それは独りよがりな人。オレ様系な人。他人を聴かうとしない人です。つまり双方向のコミュニケーションが取れさうにない人とは、バンドはできないといふことです。

IT現場でも全く同じことが言へるのですが、どんなに優秀な技術者であらうと経験者であらうと、自分の肩書や経歴や能力に胡坐をかいてゐるやうな人とは決してよい仕事はできないでせう。コミュニケーション力は、自分の意志を相手に伝へ、相手の意志をきちんと掴むものであるべきです。

意外とできてゐない人が多いと感じます。

(A面へ)

<今日の本歌>
河合奈保子『大きな森の小さなお家』

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA