第463回 アダプトゲンと名塩雁皮紙

くるあさごとに/くるくるしごと/くるまはぐるま/くるわばくるえ/くるぶろぐかく/こんにちは、大島雅己です。

中井隆栄氏経営塾第十五期卒業式に出席しました。100名ほどの卒業生がごった返しており中井先生とゆっくりとは話ができませんでしたが、結果的に短い時間でお互いに刺さるトークを交わせました。やはりこういう時は音楽と落語です。

これは中井先生と私がその分野で趣味が合致していることが何にもまさる強みなのですが、まず私がローリングストーンズのネクタイを着けていったことが奏功、受付で一瞬にして先生の視線を釘付けにし、「すばらしいネクタイだ、私も持っているよ!」とささやかに盛り上がったのです。次はパーティー半ばの歓談時間に「最近プライベートでもっとも良かったこと」を聞かれ、落語講座を受けた一件を披露し、立川流の話に花が咲いたのでした。

まったく、音楽と落語は私にとっては最強のアイテムです。といっても、それが通用しない世界だっていくらでもあるということは当然弁えなければいけません。自分が生かされる場所を探して、そこで本領を発揮するということです。

IT現場では、新鋭のツールとか先端の技術が注目をあびがちですが、場合によってはそういうものが全くお呼びでないこともあります。昔ながらの手作業でやった方が効率がよいかもしれません。どこで何を使うべきなのか、いつも適材適所を意識しておかなければ。

<今日の本歌>
岸田衿子『くるあさごとに』

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です