第1724回 刹那滅と非SI単位

れんこんの酢に泳ぎたる冬の朝。こんにちは、スパイラル研究所の大島雅生です。

花がある。果がある。人がいる。球がある。鮭がいる。課は五回ほど。値はわからない。間には帯がある。雨は琴や茶碗や煮物にも。短いことが話題になる。夜は鶏。貸借する人がいる。富士山は知らない。大根もないことがある。争うことがある。移してはいけないことがある。その名は時。

(A面へ)

<今日の一唱>
沢田研二『時の過ぎゆくままに』

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA