第112回 HAL9000とMTTF

頭は冴えてるよヘイヘヘーイ、アイディアばっちりよヘイヘヘーイ、欲しいよほしいよブログストーン、絶対もらうと決めちゃった。こんにちは、大島雅己です。

映画「ボン・ボヤージュ~家族旅行は大暴走~」を観ました。ドタバタ系なのですが、こういうの大好きなのです。笑いが止まりませんでした。コンピュータ制御された最新式のはずの車が故障して、ブレーキがきかなくなるのです。まったく、なぜこんなにと呆れるほど、次から次へとハプニングが起こります。

映画としては楽しめましたが、これが実際に起こったらと思うと生きた心地がしません。映画を見ながら、ITの怖さを思い知りました。ボタン一つ、タッチ一つで何でもできる機械は便利なことこの上ないでしょう。しかし、もしそれが作動中に故障したらどうなるか。車の運転、飛行機の操縦、株の売買、外科手術、おお、想像するだに恐ろしい。生命の危機ですね。

操作が単純になればなるほど利便性は向上しますが、その分、故障した時のリカバリーが難しくなるような気がします。どんなに便利な機能を作っても、「それができない場合の対応方法」「壊れたときの回復手段」を必ず何通りか備えておくべしと、あらためて意識しました。
もちろんその前に、動作に異常がないかどうか、充分に確認することが先決です。そしてまた、少しでも怪しいと思ったら、使わないのが賢明でしょう。

<今日の本歌>
タツノコプロ「ヤッターマン」

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA