第863回 カロカガティアとイギリス経験論

ブログイズムとは美しさのコントラストでございますこんにちは、スパイラル研究所の大島雅己です。

美しさとかアートとか芸術性とか華麗さとか優雅さなどといふものは現実世界の実践的実際的実用的世界とは別物だとされる風潮があるやうに感じます。しかしこれらは切り分けて扱ふものではないと思ふのです。正確に言へば、別物だと認識した上で両者を抱き合はせて共存させるべきなのです。

芸術の明確な対義語は思ひつかないので仮に非芸術といふ言葉を使ふと、生活の中には非芸術な要素や場面もありますが、それは芸術的でないといふよりも芸術性が最優先に現れてゐないだけなのです。人生の中のさまざまな各場面、各局面ではそれぞれ優先される価値観があり、それは時には芸術性であり、時には実用性であり、時には経済性である、といふやうに常に変はり続けてゐるのであり、決して相反し合つてゐるわけではないのです。

IT現場でも何が優先されるかは一律で決められるものではなく、条件や時局などに応じて変はり続けるはずであり、そこに思ひを馳せるべきなのです。

(A面へ)

<今日の本歌>
Web配信ドラマ『全裸監督』

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA