第1424回 ウミサソリと空海一体世界地図

冴え返りささくれた指さすりをる。こんにちは、スパイラル研究所の大島雅生です。

風呂に入って体を洗ったあとシャワーで流し、あがってから気づくと右腕だけ石鹸が落ちていないことがあります。そう、右手でシャワーを掴んでいたためにすすぎ忘れているのです。これを単なるうっかり問題で片付けるのは簡単ですが、これこそ私がかねてから気にしている「足裏見落とし問題」という構造的課題なのです(命名がいまひとつイケていませんが)。

つまり床掃除をいくら一生懸命やっても自分の足が踏んでいる場所を忘れるといつまでも掃除は完成しないのです。最初に踏みしめた床がひどく汚れていたとすればそれが足の裏に移って、歩き回るにつれて汚れは床一面に拡がる恐れすらあります。

全方位を攻めるためには最初の一歩に気をつけなければならず、さらに自分自身が全体に対してどう位置づけられているのかを客観的に判断できなければならないということです。

そういえば名探偵ルールタビーユも「足跡の欲するままに語り」「足跡の欲するままに考え」ることの問題を指摘していました。足跡を見つけてから足跡を考えるのでなく、つける前に先回りするぐらいでありたいのです。

(A面へ)

<今日の一唱>
ガストン・ルルー『黄色い部屋の秘密』

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA