第1334回 説文解字とニルデーシャ

吾を待つと君が濡れけむあしひきの山の雫にならましものを(石川郎女)。こんにちは、スパイラル研究所の大島雅生です。

吾のことを語る。己のことを記す。舌を使って話す。炎のように談る。十進法で計る。化けるように訛る。羊には詳しくなる。牙をむいて訝る。午後になれば許す。方向を訪ねる。尺をとった訳。永いあいだ詠む。正しく証す。平らかに評す。吉田を詰める。旨く詣でる。寺を詩にする。成田は誠か。呉市で誤る。全てを詮べる。宅で詫びる。朱を誅つ。兆円を誂える。川で訓える。毎日誨える。者が諸々いる。志を誌す。折れて誓う。売れたものを読む。忍んで認める。秀でたものを誘う。果敢に課す。青年に請う。周りを調べる。胃の謂れ。東方を諫める。帝王を諦める。某人を謀る。射手座に謝る。迷う謎。賛同して讃える。燕で讌。言に誉を與える。

(A面へ)

<今日の一唱>
『万葉集』石川郎女が和へ奉れる歌

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA