第1292回 レジンモールドと脂質二重層

彼等の手には饂飩の大きな笊と二升樽とそれから醤油の容器である麥酒罎とが提げられた(長塚節『土』)。こんにちは、スパイラル研究所の大島雅生です。

外面ではなく中身が大事だとか、見てくればかりでなく内面を磨くべきだとか、人はルックスでなく心で勝負だなどと聞くことがありますが、果たして本当にそうなのでしょうか。

どんなに中身がいいものでも容れ物がちゃんとしていなければすぐに傷んだり腐ったり、あるいは揮発してしまうことだってあります。内面がすばらしくても、外から見えなかったり別の物に見えたりすればそもそも気づいてもらえないでしょう。心がどんなに崇高だとしても人に不快を与えるルックスだったとしたら周りから理解してもらえないかもしれません。

外面は中身を守り、正しく保つための働きがあるのだし、中身は外面によって良くも悪くもなるでしょう。逆に、内面は外面に現れ、外見を鍛えたいのならば内面もしっかりしていなければならないはずです。

両者は切り離して考えるというより、一体化されたものを別の角度から見ているだけなのかもしれません。

(A面へ)

<今日の一唱>
長塚節『土』

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA