第1077回 グリア細胞と加速膨張

それに今のような怨み言、そりゃお前あんまりでござんすわいなあ(『与話情浮名横櫛』)。こんにちは、スパイラル研究所の大島雅生です。

物事には事情があり、人にも身上があり、情報にも実情があるというものです。世の中何でも、ワケアリでしょう。ワケアリだから許されるわけでもなく、事情があるから仕方がないわけでもなく、その判断は関係者の間で決めることですが、大事なのは、事実を明らかにすることです。物事の裏に潜む経緯。人の言葉に隠された本心。情報の背後に控える履歴。

なんとなくの体感ですが、目に見えているものは全体の中の一割程度、いやもっと少ないような気がします。つまり世の中は見えないものが九割以上を占めているのです。人の脳も使われているのは一割と言いますし、宇宙エネルギーの中で人が感知できる割合はもっと小さいとも言われています。

世間は情報爆発などと騒いでいますが、宇宙の規模からみればゴミみたいなものなのでしょうか。そんな中においてすら、情報の渦に溺れてしまってはなりませんね。

(A面へ)

<今日の一唱>
三代目瀬川如皐『与話情浮名横櫛』

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA