第1045回 パレイドリアと脱感作

空の石盤に鷗がABCを書く(堀口大學『海の風景』)。こんにちは、スパイラル研究所の大島雅己です。

幽霊の正体見たり枯れ尾花といふやつで、尾花の側からしてみれば迷惑な話ですし、杯中の蛇影といふ言葉もあつて、杯の中に蛇が入り込むことなどまづあり得ないのにそんなことで人は病気にさへなつてしまふと言ひます。

思ひ込みとは本当に恐ろしいもので、それをいい方向に使へば何か面白いことが起こるのかもしれません。例へばトリックアートとか見立て芸術なんかはさういつた脳の錯覚に訴へるものなのでせう。

自分で自分の脳をコントロールして敢へて錯覚を起こし、それを正のエネルギーとして仕事に生かしたり創作に活用できれば楽しいだらうなあ。いい方法がないでせうか。イメージトレーニングとか自己催眠などといふものも、その一種なのかもしれません。

(A面へ)

<今日の一唱>
堀口大學『海の風景』

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA