第1867回 証拠構造とハミルトン関数

天気欄気にしながらの初袷。こんにちは、スパイラル研究所の大島雅生です。

ものごとの姿や有り様を表すものであり、螺、羽、帯、塊、液、針、台、輪、団子、貝、柱、穂、頭、唇、舌、乳、錐、鉤、冠、線、管、環、弓、孤、臼、球、楔、甲、葉、膠、樹、鎖、糸、扇、楯、粒、鱗、鐘、梯、角、蹄、嚢、波、粉、棒、膜、網、油、翼、などに付く。
またありさまを書面にし伝えるためのものでもあり、包、圧、問、暇、愁、都、艶、抜、白、詫、返、呼、来、過、礼、勘、願、愚、巻、古、直、借、付、抜などに付く。
その一字は?

(A面へ)

<今日の一唱>
レマルク『西部戦線異状なし』

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA