第1380回 ドワネルと概念依存理論

極寒を言い訳にしてもう一献。こんにちは、スパイラル研究所の大島雅生です。

「大人は判(わか)ってくれない」とは歌謡とか漫画とかドラマなどのタイトルに使われていますが、おおもとはトリュフォーの映画であるはずです。ちなみに原題は「400回の打撃」みたいな意味で、つまりさんざんな目にあったというようなことのようで、それはともかくとして、「わかってくれない」という感覚とはどういうものなのかを考えてみたいのです。

自分と相手の関係において、自分はわかってもらおうと努力しているが相手が誤解しているか、無視しているか、拒否しているなど、こちらの意向が正しく受け取られない状態が考えられます。

もうひとつは、そもそも自分から発信をしていないとか、相手にわかるような伝え方をしていない、つまりわかってもらう努力していないケースもあり得ます。もし後者であるのなら「わかってくれない」ではなく「わからせてあげられない」と言うべきでしょう。

そういえば『子供はわかってあげない』というのもあります。「わかる」と「わからせる」は表裏一体なのです。

(A面へ)https://spiraling.co.jp/blog/

<今日の一唱>
田島列島『子供はわかってあげない』

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA