第741回 クワドリウィウムと梅園三語

うつむきかけた貴方の前を静かに時は流れめぐるめぐるブログの中で貴方は何を見つけるだろう。こんにちは、スパイラル研究所の大島雅己です。

アートといふものがそこかしこで取り沙汰されてゐて、なんだか本来の価値がデフレ化してゐる感もありますが、私としてはもつと真剣にアートと対峙し、さまざまな分野にその精神をば取り入れたいと思つてゐるのであります。そのためにアートを研究して、人がアートに魅了される背景や原理を追及してをります。

バンド活動も楽器の稽古も落語の修行も絵画の勉強も文学の逍遥もすべてはそこにつながるものなのであります。アートは全人類に共通する言葉であり感覚であり感動であり未来であり財産なのだと思ふのです。決して道楽でも伊達でも酔狂でもなく、命を賭してでも守り抜き発展させていくべきものであるべきなのです。

そしてITもさうです。すぐれた建築がアートであるのと同様に、すぐれたシステムはアートな設計に支へられます。良質のプログラムは美しさも備へ、人に感動を与へます。かういふものは偶然にできるのではありません。アートの心を持つていなければならないのです。

(A面へ)

<今日の本歌>
松山千春『季節の中で』

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA