第738回 デビュタントと営繕工事

太田どかんが破裂して、山からさいふがコロンブス、さいふの中はナイチンゲール、お山の鐘がリンカーン、ブログのけつはマッカーサー。こんにちは、スパイラル研究所の大島雅己です。

芸術家として食つていかうといふ人は並々ならぬ努力と苦労を覚悟しなければならないものだと思ひます。しかし今の世の中、これだけ便利なツールが発達してゐる中で、自分の創作したものを世に出す手段はたくさんあるでせう。それだけチャンスがあるとも言へる反面、多勢の中で抜きんでるのが難しいとも言へませう。

しかしいづれにしても発信する機会には恵まれてゐるはずです。問題はそのあとでせう。作品を発表して世の中に認められたら、そこからがプロとしての長い長い活動のスタートとなるわけです。それを乗り切ることの方が何倍も難しいことでせう。もし、最初の発信で力尽きてしまつてゐたら、その後は抜け殻となつて消えていくだけかもしれません。それでは本末転倒です。

何が最終的な目標なのか。それが重要です。まことに、IT現場にも言へることなのです。

(A面へ)

<今日の本歌>
作者不詳の戯れ歌(?)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA