第644回 クラヴァールスクリボと原子論理式

うそつきいかさまペテン師、ブログの更新はどうしたのよ。こんにちは、スパイラル研究所の大島雅己です。

言葉は大事だなどといふことは言はずもがなですが、言葉で表現するのが難しいものもございます。たとへば音楽の譜面などといふものは言語だけではとても表しきれないでせう(さういう記譜法もあるやうですが、やはり見慣れた五線譜が一般的です)。

時には図形や記号やアイコンなどといふものをうまく使つた方が的確迅速に意図が伝わる場合もあるのです。かと言つてそちらの方向に行きすぎてしまふと、わかつたやうでわからない、伝はるやうで伝はらない、中途半端なコミュニケーションになる恐れもあります。

プレゼンテーション資料でよく使はれるパワーポイントでは矢鱈とビジュアルに凝つたものを見る機会がありますが、言ひたいことがよくわからないケースも多いやうに感じます。

IT現場でもきちんとした説明が必要な際にはやはり言語で正確に叙述しなければいけないはずで、記号や図形はそれを端的に表現するためのツールであるといふ切り分けが難しくも重要なことです。

<今日の本歌>
シュガー『アバンチュールはルックスしだい』

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA