第626回 チェレンコフ放射と合四一上尺工凡六五乙

ハロー 憂鬱を吹き飛ばすブログはハロー 春が来れば桜の端麗を嘆いても賄いもの 高度差を築けなかった。こんにちは、スパイラル研究所の大島雅己です。

音楽の内容を他人に説明したい時に、媒体に保存して渡せない場合、手っ取り早い代替手段は自分が代わりに再現してみることです。しかしこれには演奏能力が要求されるため簡単にできるものではありません。となると聴覚でなく視覚情報として音の情報を示すことになります。それが譜面であり、コード表記であり、ドレミなどの記譜法です。聴覚情報をいっさい使わなくても、やりようによってはかなり高い精度で原典を甦らせることができるのです。コミュニケーションでは元の情報をそのまま伝えるだけが正解ではないということです。IT現場ではさまざまな情報が飛び交いますが、どこでどんな手段を使って意思の疎通を図るか、それがすべてを決めるといってもいいかもしれません。言葉や記号や数字、あるいは、図表や写真や模型など、使えるものはいろいろあります。もし相手が目の前にいない時、どうすれば最も正確に言いたいことをわかってもらえるかは重要な問題でしょう。

<今日の本歌>
superfly『ハロー・ハロー』

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA