第626回 ベイカーベイカーパラドクスと出口戦略

ハッ、ニー、サン、シー、それ行けブロガー・ブルース、ブロガー・カットの頭から、ブロガー・シューズの踵まで。こんにちは、スパイラル研究所の大島雅己です。

毎日毎日、物忘れおよび忘れ物のひどさには我ながらぞっとします。食事したことを忘れて飯を二度食うとまでは行きませんが、そう遠くないレベルかもしれません。さっき歯を磨いたかどうか思い出せない。食後の薬を飲んだかどうか自信がない。同じ本を続けて買う。買い物しようと街まで出かけ財布を忘れて愉快。

対策にはざっと4つしかなく、「忘れない工夫をする」「忘れた場合の被害を低減する」「忘れた場合の被害を取り返す」「あきらめる」です。つまりリスク管理で言う「予防」「軽減」「移転」「容認」ですが、音楽の演奏を間違えずに弾くケースに例えれば、「練習をする」「簡単な曲にする」「録音したものを流す」「自力でがんばる」ということです。どれがよいかは状況次第です。

IT現場でもリスク管理は必須ですが、どの方法が最適とは言えません。守りたい品質、かけられるコスト、待てる時間のバランスからじっくり判断するしかありません。

<今日の本歌>
エルヴィス・プレスリー『G.I.ブルース』

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です