第624回 ジャネーの法則と反転遠近法

歌はトチチリチン トチチリチンツン 歌はペロペロペン ペロペロペン ブログはダラダララン ダラダララン。こんにちは、スパイラル研究所の大島雅己です。

忙しくて時間がない時に限って次から次へと用事が重なることがあります。そうなると余計に気が焦って作業に手がつけられなくなり、ますます仕事が滞ってしまうものです。

こういう時、それぞれのタスクについて進行速度を上げようと考えるのではなく、逆に全体を俯瞰する自分の立ち位置を上げるようにしています。それによって、より大きな目線で流れを見渡すことになるので、体感としてはゆったり度が増すことになります。

速いスピードの曲を演奏する時、音符ひとつひとつを数えるよりも、1小節とか2小節という大きな単位で捉えた方がよいのに似ています。スピードが上がれば上がるほど、その捉える範囲を広く取ることで、速さに幻惑されることなく大局観を保てるのです。

IT現場でも、作業の進捗が悪い時、各論のタスクを詰めることだけに腐心するのではなく、全体で捉えてみることで新たな工夫が見つかることがあります。まずは焦らず目線を一段上げてみることです。

<今日の本歌>
榎本健一『ベアトリ姉ちゃん』

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA