第611回 オタワ憲章と青春の罠

私たちは村のブログを保護する会。ドナルド・ダックとボードビルとバラエティに神のご加護を。こんにちは、スパイラル研究所の大島雅己です。

12月はバンド活動が普段以上に旺盛です。前半は会社員時代のファンク系バンドと、ホームグランドたるロックバンドのライブ出演、前者は八重洲のオフィスビル、後者は高円寺JIROKICHIにて。その合間に高田馬場の音楽室DXへ知り合いのライブ鑑賞も。年末近くに後半戦がありますが、ここまでの時点でつくづく思うところがありました。

音楽を長く続けようとするのに大事なことは何か。コツコツ練習すること、音楽への愛情、切磋琢磨する仲間、まあどれも重要なものでございましょうが、もっとも必要なものは体力つまり健康です。

いや、ギャフンと仰るなかれ。音楽に愛情を注ぐのも、仲間とよいコミュニケーションを保つのも、練習を続けるのも、ステージで高度なパフォーマンスを展開するのも、何年も続けていくためには健全なる心身があってこそ。それには普段からの体調管理に気をつけるしかないのです。

IT現場はメンタルも含めて体調維持との闘いと言ってもいいでしょう。大規模なプロジェクトであればあるほど体調を崩す人が続出します。残業や徹夜が当たり前というのは過去の話。ITの品質を担保するには、まず自分自身の健康を担保することです。

<今日の本歌>
キンクス『ヴィレッジ・グリーン・プリザヴェイション・ソサエティ』

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA